BLOG

DSC01247.3

みかん鍋

 

 瀬戸内海に浮かぶ周防大島『みかん鍋』というのがあります。

其の一 体に優しい橘皮が香るポッカポカの焼きみかん

其の二 爽やかな柑橘の香りを練り込んだ地魚のつみれ

其の三 薬味としてピリリと辛いみかん胡椒

 特徴はこの3つです。今回はそれを

 先日紹介した、素材を生かす調味料

 塩の味などファバラの商品で作ってみたいと思います。

 塩の味の紹介ブログは→こちら

*合うお酒 ファバラ発芽玄米酒

*使う調味料 塩の味(しおのみ)キッチンと使う

       味かくし→あらかじめ各材料に振りかけます。

材料 二人前

   みかん3個・青唐辛子少々

   (ない場合は鷹の爪などで代用します)

   ・人参小1/3本・しめじ1パック・白菜4枚・水菜1把(わ)

   ・長ネギ1本、豆腐はお好みで

   (A)白身魚のすり身120g位・片栗粉大さじ1/2

      ・みそ小さじ1/2・塩の味少々

   (B出汁3カップ位(600~700cc)

      →だしの素で作ってもよいですが、

      昆布かつお節出汁をとってみましょう。

DSC01227.1

   昆布3cm×5cm×3をしばらく、できたら30分は

   水900~1,000ccにつけておいておき、

   中火以下で火にかけて

   時間をかけて煮立てましょう。

   沸騰寸前で昆布を取り出す。

   沸騰させたあと差し水をして、

   かつお節一握り(6~10g)を入れる。

   弱火に5分かけてかつお節を茶こしですくう。

   塩の味小さじ1弱・しょうゆ小さじ1/2

   ・清酒 是新大さじ1・キッチンと使う小さじ1/2を入れて完成。

1.みかん2個をきれいに流水で洗う。

  農薬などが気になる場合は重曹や塩の味(分量外)を

  ボウルに溶かし20~30秒つけて

  擦るようにしてから流水で流す。

  水気を拭きとってトースターで軽く焦げ目が付くくらい焼く。

DSC01239.1

  (もう1個はしぼり汁と皮を使います)

2.みかんの皮3cm×3cm位を一部剥き、

  内側の白い部分をスプーンか包丁でこそぎとる。

  白い部分が取れたら、粗みじんに切る。

  青唐辛子はヘタを取り、種を取り粗みじんに切る。

  なんちゃってみかん胡椒の完成です。

3.(A)をすべて混ぜてこね、つみれを作る。

DSC01254.2

  (みかんの絞り汁少々とみかん胡椒少々を練りこむと

   より高い香りが楽しめます。)

4.人参は皮むき器で皮をむいてから、

  薄く削って細切りにする。

  しめじは石突きを切り落としほぐす。

  白菜は一口大に水菜は4~5cmの長さに切る。

  長ネギは斜め細切りにする。

5.(B)に焼いたみかんみかん胡椒を入れ、

  最初につみれ人参を入れて中火にかける。

  煮立ったら弱火にして白菜の根元の部分

  ・長ネギしめじを加え、

  最後に白菜の葉の部分と水菜を加えて煮て

  キッチンと使う小さじ1を入れて完成です。

  塩の味の、海をそのまま食卓に運んだような味と

  みかんの程よく漂う柑橘系の香りが相性抜群です。

  ファバラ発芽玄米を飲みながら

  食べればもっと味が引き立ちます。

 岡山産ぶらんでぇー酒5岡山産ワイン酒6Ichizen4

備考 入れたみかんはどうするの?

   →お口直しに、パクリと皮ごとご賞味いただくのが

   鍋用みかんの正しい食べ方らしいです。

   でも、食べられない方は、むいても良いと思います。

   生より甘みが増して美味しいですよ。

DSC01252.1

   みかんを焼いてから鍋に入れるというのは、

   皮の油分やえぐみが取れて

   そのまま入れるよりおいしいのです。

   魚介の生臭さも消してくれます。

   今回の分量 大さじ1=15cc 小さじ1=5cc で計っています。  

出典 お食事(ランチ・グルメ)>みかん鍋 ・・・ 周防大島ドットコム

The following two tabs change content below.
松山店スタッフ
オープン6年目のファバラ松山店新立を盛り上げよう♪
毎月20日は『発芽玄米祭り』。
あらゆるジャンルの芸能部門のアマチュアタレントの方の出演を募集中です。
コメントは利用できません。