BLOG

2728cb216cf2fe4aad0ac10d56ffcdb3_m

日本料理に欠かせないものと言えば“出汁”ですよね。
お味噌汁やなべ物や煮物料理など、様々な料理に使われます。
出汁を使わない和食はない?そのぐらい重要なものです。
和食以外でもコンソメやブイヨンなどは出汁と同じ役割をしています。
そもそもなぜ料理に出汁が必要なのでしょうか?

和食では主にかつお節や昆布、シイタケなどから出汁を取ります。
これらの食材にはグルタミン酸やイノシン酸が多く含まれており、料理に旨味を加える役割を果たしています。
この旨味があるないでは料理の味は大きく違います。
例えば、お味噌汁を出汁がない状態だととても飲めたものじゃありません!
ただしょっぱいだけの飲み物になってしまいます。
そして出汁がしっかりきいていればうま味がきいているので、味噌の量も少なくて済み減塩になると言われています。

2fd80b472fd1a92d2e2e8bd8ad746a8b_s

出汁の取り方は食材や使う料理によって異なります。
お吸い物には一番だし、汁物には二番だしを使うなど、用途によって出汁の取り方も違いますし、出汁を取る食材を入れるタイミングなども違います。
手間のかかる作業なので最近では粉末や顆粒になっている風味調味料とも呼ばれるものを使う事が多いと思います。
粉末や顆粒タイプの出汁を使えば時短になりますし、サッと加えるだけなので便利です。
ですが、かつお節や昆布からとった出汁と風味調味料を使った出汁ではやはり「美味しさ」が違いますよね。

しっかり手間をかけて取った出汁は味に深みがあり、風味も格段に上がります。
なんだか懐かしくてホッとする味。味覚だけでなく心も満たされるような味です。
そういう味が手間をかけずに味わえる“だし”がファバラにはあります!

kitchentotsukau

それが発売したばかりの発芽玄米だし「キッチンと使う」です!
キッチンと使うは素材本来の旨みを引き出してくれる調味料です。
食材が持っている本来(なつかしい)の味を引き出してくれます。
そしてこれを使うことによって料理全体のバランスを整えてくれます。
色々な食材、調味料を使った料理はちょっと量を間違えただけで味のバランスが悪くなってしまうことがあります。
そんな時キッチンと使うを仕上げに入れればしっかりバランスを整えてくれます。
お料理にとって味のバランスは美味しさを決める一番のポイントです!
そしてこのキッチンと使うのすごいところは普通の出汁とは違い、飲み物にも使えること!
普段飲むお茶やコーヒー、ジュースなど様々な飲み物に入れてみてください。
素材本来の味が引き出されてぐっと美味しくなります!
例えば、お茶に入れると茶葉の香りがより感じられ味に深みが増します。
本当のお茶の味はこれなんだ!と驚くほど美味しくなります。

飲み物でもお料理でもあらゆる食材に入れてみてください。
本来(なつかしい)の素材の味を引き出し、料理全体のバランスを整える。
発芽玄米だし“キッチンと使う”で簡単に本格的な美味しさ、懐かしくホッとできる美味しさを味わいましょう!

The following two tabs change content below.
平塚
毎日少しずつでも成長出来るように、何事にもチャレンジしていきたいです!!
よろしくお願いします!!
コメントは利用できません。