BLOG

あなたは何故それが美味しいと思いますか?
味にはそれぞれの好みがあって
自分が好きな味を選び食べる。
それは本当に食べたいものですか?
体が欲しいと言っていますか?

美味しいと言うのは知っている味だから。
だから美味しい。
ですがもし食べた時、知っている味が知らない味だった場合どう思いますか?
それが美味しい味でも知らない味だと美味しくないと(好きじゃない)と
判断してしまう時はありませんか?
美味しいとは本来体で食べるから心も喜ぶのです。
知っているからの美味しいは体が求めている美味しいでしょうか?

最近外食した時に思うのが
味が濃い又は味が無いお店が増えている。
もちろん全てのお店に当てはまるわけではありません。
美味しいお店も沢山あります。
ですが一方で美味しくないお店も増えています。
10年前は美味しいお店が多いなと感じていたのに・・・
何が変わってしまったのでしょうか。

美味しいに対する概念が変わってきている様に見えます。
素材の状態を隠す為に・刺激の味で一時的に満足する為の味付けが多い。
実はこれは知っている美味しい!とストレス解消の為の美味しいなのです。
その時は満足します。しかしその瞬間だけであって本当に体が求めていません。

美味しいとはあなたの体が知っているのです。
以前は外食が90%でしたが最近は20%位まで減りました。
美味しいを探しに外へ行くのは今でも変わらないのですが
変わったのは体の求める美味しいをファバラの調味料を使い
自分で作れる様になった事。
今の体の状態にあった美味しいを食べる事によって
心と体のバランスを整えポジテイブ思考をキープする。
美味しいとは、私が決めるのではなく体が決めるのです。
food-2561099_640
12345

The following two tabs change content below.
山田真菜
ファバラの取締役山田真菜です。常に新しいものを!経験からの判断で答えを出さず「今」を見て判断していきたいと思って毎日を過ごしています。
コメントは利用できません。